光を上手に取り入れよう

光を上手く使ってみよう

よく、写真を撮ろうとしたら逆光だった、ということもありますよね。
このように、光は写真を撮るにあたって重要な要素です。

カメラを光源に直接向けてしまうと、レンズを覗いている私たちの目を痛めてしまいます。
カメラのフレームの中に明るい光源があるときは、自分の背中にその光源がくるように移動しましょう。

例えば、室内で写真を撮るのであれば、あえてライトを天井に向けてみましょう。
すると、光が拡散して部屋全体が丁度良く明るくなります。

また、暗いところで撮影する際に、フラッシュを使うことがあると思います。
しかし、フラッシュの光が強すぎて色が白くとんでしまったり、赤目になってしまうことがあります。
こういった問題を防ぐのに簡単な方法は、カメラのフラッシュライトの周りを白い紙などで覆うこと。
たったこれだけで、フラッシュの光はやわらかくなります。

光が足りないときの対処法

光の足りないところでどうしても撮影をしたいという場合に、フラッシュを使わずに撮影する方法もあります。

一般的なデジカメや一眼レフには、「露出」や「シャッタースピード」といった、様々な設定を自分でカスタマイズすることができます。
その中でも注目したいのが「ISO」というもの。
ISOとは、カメラが光をとらえる能力の値のことです。
この数値が高ければ高いほど、光を多くとらえることができるということですね。
しかし、この値が高すぎると、今度はノイズやブレの原因となってしまいます。
ですので、普段明るいところで撮影を行うときは低めに設定しておくのが普通です。

逆に言えば、光の量の足りないときには大活躍ということです。
暗い場所でも、ISOの値を上げれば光を集めて撮影を行うことができます。

ぜひ試してみてくださいね。