プロ顔負け?素人でもすぐに取り入れられる写真術

プロ顔負けの写真でみんなに自慢しよう!

簡単に取り入れられる!構図術

皆さんは、写真を撮ることは好きですか?
趣味で自分のカメラを持っている方は多いのではないでしょうか。
プロでなくとも、一眼レフのカメラを持っている方も見かけますよね。

最近では、スマートフォンのカメラの性能も向上し、カメラで撮ったような、きれいな写真を撮ることができるようになりました。
さらに、様々なフィルターを簡単にかけられるアプリなどもたくさんリリースされ、プロ顔負けの美しい写真に加工することもできます。

若い世代を中心に盛り上がりを見せるSNSでも、写真の投稿を主としたInstagramが大ブームになっていますよね。
このようなSNSで映える写真を撮るために、様々な工夫を凝らしている方もいらっしゃると思います。
上手に撮れた写真を褒めてもらえると嬉しいですよね。

また、最近になってインスタントカメラが10~20代の人たちの間で再ブームとなっています。
レトロな雰囲気のある写真がおしゃれと、大人気です。
デジカメや、スマートフォンでも出せない独特の味のある写真を撮ることができます。

では、こういったカメラを用いて上手に写真を撮るには、どのような工夫をしていけばよいのでしょうか?
そんなに機材に詳しくないし、カメラの説明書を全て読むのは大変、と感じて、ついつい上手な写真を撮ることを諦めていませんか?

実は、難しい機能や高いカメラを使わなくとも、ちょっとした工夫でプロが撮ったような写真を撮ることができるんです。
このサイトでは、そういったひと工夫でプロ顔負けの写真を撮るための方法をご紹介していきます。

簡単な写真術で自慢できる写真を撮ろう!

まずは簡単に取り入れることができる、被写体の構図についてご説明します。 構図をちょっと工夫するだけで、劇的に写真が変わることもあります。 どのように見せたいのか、自分で意識しながら構図を考えていきましょう。 このページでは、例となるいくつかの構図と、アングルについてご紹介します。

光を上手に取り入れよう

写真を撮るときに重要なのが、光です。 光の取り入れ方によって、写真の雰囲気が変わります。 このページでは、どのように光を取り入れれば良いかについてご説明します。 また、光の足りないところでどのように写真を撮れば良いかについても合わせてご紹介していきます。

ユニークな写真を撮る工夫

普段色んな写真を見ていると、似たような写真を見たことがある、と思うと、その写真が急につまらないものに見えてきますよね。 そんなことにならないように、あなた独自のユニークな写真を撮りましょう。 このページでは、ちょっと人と違う、際立つ写真の撮り方をご紹介します。